神待ちサイトの利便性と注意点

神待ちサイトは非常に効率的で便利なサイトである事は否定しようがありません。
家出して今夜の食べるものや寝る場所がない少女たちが助けを求めてサイトを訪れるのです。
下心があるにしても助けれあげるのが男心ってやつだと思いませんか?
それに男性としても今夜の相手がすぐに見つかるという点で非常に便利です。
どう考えても恋愛に発展する事もないので、面倒がなくワリキリの関係のまま終わる事が可能です。

相手が家出少女だからこそ、神待ちサイトはメリットがあるのですが、同時にそれはデメリットでもあります。
家出少女が夜中に目的もなく街をぶらぶらしていたらどうなるでしょうか?
当然警察によって補導されるでしょう。
そして補導され、家出中の事がバレ、携帯などでサイトの履歴をチェックされると神待ちサイトの存在が浮かび上がります。
神待ちサイトでは金銭的なやり取りは行っていないので売春行為とは言えません。
しかし未成年が家出をしていて、その家出を手助けしている男性に何も罪がないのか?というとそうとは言えません。
それに食事や寝る場所を奢るためその見返りをセックスで求めていますよね。

家出少女の年齢は18歳未満の少女が圧倒的に多いため、児童ポルノ法に違反する行為となってしまいます。
そうなると金銭的なやり取りがなくても立派な犯罪行為となってしまうわけです。
利便性があり、出会い率も高い、だけどリスクも大きい、それが神待ちサイトの特徴だと言えるでしょう。
こうゆうサイトの事をハイリスクハイリターンと呼ぶのです。
その事を理解した上で、サイトを利用するのかしないのか判断するのはあなた自身です。

神待ち少女の実態

神待ちをする女性の多くは、女子高生が占めているといわれます。
少女たちと関係を持つ男性の多くは彼女たちのことを「小娘」という気持ちでいるかもしれませんが、実は非常に恐ろしい存在である場合もあるのです。
年端もいかない女の子という感覚で接していると、とんでもないしっぺ返しに合わないとも限りません。
たとえば、一緒にホテルに入って、女の子から「先にシャワーを浴びて」といわれて風呂に入っているうちに、財布を盗んで逃げてしまったというケースは後を絶ちません。

さらにその財布の中にあった免許証や名刺、社員証などから男性の身元や勤め先を突き止めて、会社や家庭に電話を掛けてくることもあります。
その目的は、神待ちをしたことをバラされたくなければお金を払えといった内容です。
もし女の子が18歳未満であったならば青少年育成保護条例に違反することになるので、今度は警察に訴えるとまで言い出すこともあるのです。
二人でホテルにいると見知らぬ男性が乗り込んできて、「オレの女の何をする」と脅してくることもあります。
こうした被害は数多く報告されていますが、神待ち自体が公にできない行為なので警察などに届けられていないケースも少なくなく、実際にはもっとたくさんの被害が発生していることは間違いないはずです。

神待ちをする少女たちは、見かけは普通の女の子でも大人が考える以上に賢く世間ずれしているものです。
彼女たちは男性を騙すことを何とも思っていません。
いや、神待ちをするようなオトコは騙されて当然とさえ考えているのです。
神待ちをするのな、そんな女性を相手にしなければならないということを認識する必要があるでしょう。

家出少女の駆け込み寺

出会い系サイトの中で、特に家出少女に大きく支持されているサイトが「神待ち掲示板」です。
これは、家出をした女の子がお金が無くなって宿泊場所や食事などに困ったときなどに、この掲示板に助けを求めるというものです。
たとえば「中学3年生ですが家出をして泊まるところがありません。宿泊場所と食事を提供してください」などと掲示板に書き込むと、それを見た男性が助けの手を差し伸べるのです。

食べるものもない、泊まるところもないといった状況を救ってくれるのですから、家出少女にすればまさに「神様」というわけです。
「ほう、まだまだ世の中には親切な男性もいるんだな」と感心した人がいたなら、それはお人好し過ぎるというものでしょう。
なぜなら、この場合、男性の目的は女の子の身体だからです。
つまり、食事をさせたり泊まらせてあげる代わりに、お礼としてセックスをさせろというわけなのです。
中には、神待ちで出会った男性に監禁されたりどこかへ売り飛ばされたりして行方が知れなくなった女の子も珍しくないのです。

神待ち掲示板にはこのようなリスクも少なくないのですが、それを承知で掲示板を利用している女の子も大勢います。
もちろん神待ち掲示板を利用する男性の中には、優しくしてくれる男性もいるかもしれません。
彼女たちは、セックスだけで済ましてくれるそんな「優しい」男性に出会うことを願って神待ちサイトを利用しているのです。
しかし、家出少女たちは神待ちサイトにこのようなリスクが存在することをしっかり認識する必要があります。
けれども、それ以前に世の中から家出少女たちがいなくなってもらうほうが先決問題なのかもしれません。

相手の年齢に注意

神待ちサイトを利用すれば、若い女性、それも女子高生や女子中学生と出会うことも容易だといわれています。
なぜなら、神待ちサイトというのはほとんどが家出少女が利用しているサイトだからです。
家出をしてお金が底をつき金銭的に困った状況になった女の子が、宿泊場所や食事の提供を求めて掲示板に書き込みをするのが、神待ちサイトなのです。
家出少女の大半は高校生か中学生ですから、神待ちサイトで出会うことができるのはそれくらいの年齢の女の子たちです。
だからこそ、神待ちサイトを利用して彼女たちを知り合いたいのなら注意をしなければならない点がいくつかあります。

まず、相手の年齢です。
前述したように、このサイトを利用している多くは女子高生や女子中学生です。
したがって、彼女たちと性的関係を持ってしまうと青少年育成保護条例に違反して逮捕ということにもなりかねないのです。
そんな事態を避けるためにも、出会ったときにはまず相手の年齢を確認することが必要でしょう。

ただ「キミ、年齢は?」などと尋ねてもウソをつかれてしまってはどうしようもありません。
できれば免許証など年齢を証明できるもので確かめるほうが確実でしょう。
けれどもそれを嫌がる女の子もいるでしょうから、ちょっと怪しい、ひょっとすると未成年化も…と疑わしい場合には、肉体関係を持たないほうが無難かもしれません。
「えーっ、せっかく出会ったのにもったいない…」と思うかもしれませんが、もし万が一に警察にバレたりしたなら、あなたは人生を棒に振ることにならないとも限らないのですよ。

家出少女はどこへ行く?

家出は、思春期を迎える男女にすれば特別な行動ではありません。
親から独立したい、自分自身で生きてみたい、世の中の不平不満を解消したい、そんな行き場のない気持ちを「家を出る」という行為で発散させるのです。
だから、家出はこの時期には「一過性の病気」のようなものといえるかもしれません。
けれども多くの子どもたちは、さまざまな思いや理由から実際に家出を実行することは多くはなかったものです。
ところが、最近は特に問題があったり理由がなくても、「家にいるのがイヤ」とか「家にいても面白くない」といった理由からちょっと家を出る「プチ家出」がしばしば見られます。

そんな訳の分からない動機ですから、特に準備もせずお金も持たずにプイッと家を出てしまって、その日に泊まる場所にも困ってしまうのです。
最近はネットカフェや漫画喫茶などあまりお金がなくても一晩くらいは過ごせる場所がありますが、それでも多少の支払いは伴います。
では、お金もない家出少女はどうするか?
そんな時に利用するのが「神待ちサイト」や「家出サイト」なのです。
これは、お金に困った家出少女が食事や宿泊場所を提供してくれる男性と出会うことを目的にするサイトなのです。

家出の場合でもお金を持って出なくてもケータイやスマホは手放さないというのが彼女たちですし、女性の場合は無料で利用できるので非常に便利なサイトなのです。
男性も出会った女の子に食事や泊まる場所を提供するのと引き換えにその身体でお礼をしてもらおうと待ち構えています。
簡単にいえば神待ちサイトは、宿泊場所や食事と女の子とのセックスの「物々交換」の場というわけなのです。

Copyright© 2010 人気の神待ちサイト紹介 All Rights Reserved.